ダイエーの利用でポイントが貯まるクレジットカード

主なOMCカードと選択可能な提携クレジット会社

ダイエーでの支払方法を工夫することで、得するポイントをプラスアルファとして獲得することがきます。
ダイエー内では、OMCカード以外のクレジットカードでの支払いも可能です。
しかし、OMCカードで支払いをすると、割引を受けられます。また、利用額が増えればポイント獲得率も高まります。

お勧めのライフスタイル・タイプ

  1. ダイエーを頻繁に利用する方
    <第二・第四日曜日の5%割引が目玉サービス、更に、2重に貰えるポイントはハートポイントに集約可能です>
  2. マルエツ・トポス・グルメシティを頻繁に利用する方
    <ダイエーグループ内では、ダイエー同様の割引サービスを受けられます>
ポイント獲得方法

ダイエーグループに関係なく、クレジットカード払いが可能な店では、OMCカードで支払います。
この際、200円で1わくわくポイントを獲得できます。わくわくポイント2倍デーなら、更にお得です。

ダイエーでOMCカードの支払いをすると、更に(ダブルで)ハートポイントも獲得できます。
(以前のDonDon・たま~るカードやグルメシティ倶楽部が、ハートポイントカードに集約されました)

セディナビ!経由で楽天・ヤフー・ニッセンなどのサイトでインターネットショッピングを、OMCカードで支払うと、ポイントが最大20倍で獲得できます。

OMC(オーエムシー)カードの特徴

クレジットカード利用でポイント(わくわくポイント+ハートポイント)を獲得できる

ダイエーでの支払いをOMCカードで支払うと、わくわくポイントとハートポイントを2重で獲得できます。
更に、『わくわくポイント2倍デー』なら、更に多くのポイントを得ることになります。

1)わくわくポイント

ショッピング・飲食などの支払い(ダイエーグループ以外でも)をOMCカードで支払うと、支払額に応じて『わくわくポイント』を獲得できます。
獲得した『わくわくポイント』は、商品券やマイルへ交換できる上、『ハートポイント』にも交換できます。

200円の支払い >> 1わくわくポイント獲得 >> 1ハートポイント >> 0.5%の還元率

前年の支払い額に応じて、『わくわくポイント』の付与率が上がります(通常は1.0倍)。
普通のOMCカードで1.1~1.3倍まで、OMCカード ゴールドなら1.2~1.6倍まで(トクトク!ステージという名前のシステムです)。

『わくわくポイント2倍デー』は、以下のように設定されています(変更の可能性もあるので、最新の情報は各店で確認してください)。
毎月1日・毎週木曜日 >> ダイエー・グルメシティ・トポス・フーディアム・カテプリ・ダイエーネットスーパー
毎月1日・第一日曜日 >> マルエツ・マルエツ プチ・リンコス・十字屋山形・東武サウスヒルズ・東武イーストモール・スーパーストア等

2)ハートポイント

ダイエーでの支払いをOMCカードで支払うと、更に『ハートポイント』も獲得できます。
200円の支払い >> 1ハートポイント獲得 >> 0.5%の還元率

上記の1)と2)を合計すると、1.0%の還元になります(2倍デーなら1.5%相当に)。

ダイエーグループ(ダイエー・マルエツ・トポス・グルメシティ等)で割引などのサービスを受けられる

ダイエーグループのほとんどの店で、毎月第2・第4日曜日は『ご優待デー』に指定され、5%割引になります。

次のお店が割引の対象になります(変更の可能性もあるので、最新の情報は各店で確認してください)。

ダイエー・グルメシティ・トポス・フーディアム・マルエツ・マルエツ プチ・リンコス・十字屋山形・棒二森屋・
中合・三春屋・カテプリ・今治デパートグループ・東武サウスヒルズ・東武イーストモール・スーパーストア等

毎月抽選で海外旅行・国内旅行プレゼント

毎月のカードショッピング利用の1万円を1口として、毎月抽選で海外旅行(50名)・国内宿泊(100名)をプレゼントしています。

OMCカードとセディナカード

もともとはダイエーの『オレンジメンバーズカード』が原点です(Orenge Member's Cardの頭文字からOMCカード)。
2008年に、ダイエーの再建に伴い、三井住友グループの一員となります。
2009年に、三井住友系のセントラルファイナンス、クオークと合併した形で、OMCカードは、新会社『セディナ』が発行元のカードとなります。
三井住友ファイナンシャルグループのSMFGカード&クレジットを親会社として、株式会社セディナと三井住友株式会社が存在します。

セディナは、独自のセディナカードを発行していますが、ハートポイントは獲得できません。

OMC(オーエムシー)カードの種類

年会費の1番安いカード 『OMCカード(普通)』

OMCカード VISA
OMCカードの年会費は、1,050円に設定されています。

旅行傷害保険1,000万円やショッピング保険も付帯されています。

選べるクレジット会社

JCB / VISA / MasterCard

特殊な提携カード

セディナが発行するクレジットカードは、多くの提携カードを発行しています。
しかし、ダイエー系でのハートポイント加算サービスを受けられるカードは、OMCカードだけです。

OMC カード(ハローキティ)

OMC カード(ハローキティ)

年会費もサービスもOMCカードと同じです。
年会費は、1,050円です。

JCB / VISA / MasterCardから選べます。
JCBはブルー、VISAはグリーン、MasterCardはベージュのカードです。

上位カード(ゴールドカード・プラチナカード・ブラックカード)
OMC ゴールドカード

OMC ゴールドカードJCBカード / VISAカード / MasterCard のクレジット各社会社で発行されています。

年会費は、6,300円です。
限度額の増加と旅行傷害保険・ショッピング保険が拡充されています。
ロードサービスとメディカルサービスも充実しています。
また、トクトク!ステージによる、わくわくポイントの獲得が最大1.6倍まで可能です。

OMC ゴールドカード(ハローキティ版)

OMC ゴールドカード(ハローキティ版)

JCBカード / VISAカード / MasterCard のクレジット各社会社で発行されています。

年会費等、受けられるサービスは、上記OMCカードと同じです。

カードフェイスの色は、すべて同じゴールドです。

プラチナカード・ブラックカード

プラチナやブラックカードは、発行されていません。

 関連外部リンク

OMC(オーエムシー)カードの発行元セディナ・公式サイト

カードのサービス詳細や申し込みは、セディナ(Cedyna)

ダイエー・公式サイト

スーパーのサービス詳細は、ダイエー

ハートポイントカード・ダイエーサイト内

ポイントサービスの詳細は、ハートポイントカード


ゴールドカード特徴ガイド

多く発行されているゴールドカードから、特徴のあるカードを選び、概要から利用時のメリット・デメリットなどを分かりやすく紹介しています。年会費やサービスだけでなく、どのようなタイプの方に適しているかを念頭にサイトを構成しています。

プレミアムカード特徴ガイド

プレミアムカードと呼ばれるプラチナカード、ブラックカード、限定カードだけを重点的に紹介しています。インビテーションが必要であったり、多くの年間利用額が必要であったり、特定の会員向けであったりと、プレミアムカードへの好奇心を満たしてくれる内容になっています。